• ホーム
  • トリコモナスの感染経路と治療薬を徹底検証

トリコモナスの感染経路と治療薬を徹底検証

悩んでいる男性

トリコモナス症は性感染症のひとつで、男女ともに感染すると炎症を発症します。トリコモナス症の病原体はとこもなす原虫と呼ばれる単細胞の寄生虫で、男性の泌尿器・生殖器や女性の生殖器に寄生します。女性よりも男性の方が自覚症状が出にくいので、気づかない間に男性から女性にうつしてしまうケースが多いです。

主な感染経路は性行為で、コンドームを着用しないで性交をすると高い確率で伝染します。感染力が非常に強く、1回の性行為でもうつる恐れがあります。
トリコモナス原虫は寄生虫で、細菌よりも体の構造が複雑です。原虫は生存するためのエネルギーを自分で生み出すことができるので、宿主(人体)を離れても水分があればある程度の期間は生き続けることができます。そのため、性行為以外にも感染者が使用した直後のタオルや濡れた便座なども感染経路になる場合があります。病原体は乾燥に弱いので、便座やタオルなどの日用品を通して他の人にうつるケースは稀です。

トリコモナス原虫に感染すると男女ともに炎症を発症しますが、自覚症状が出にくいので病気に気づかないケースは少なくありません。男性が感染すると尿道や前立腺で炎症が起こりますが、症状が軽いので気づかない人が多いです。

女性が感染すると膣炎を発症して、かゆみやおりものが増えるなどの症状が出ます。女性が発症すると、カッテージチーズに似た粘性の高いおりものが出ることが特徴です。膣炎を放置すると病原体が子宮や卵管に進み、骨盤内炎症性疾患を起こします。卵管炎を発症すると卵子の通り道である卵管が狭くなったり、塞がることで、完治した後も不妊症になって一生子供が作れない体になってしまう恐れがあります。妊婦が感染すると、早産や流産を起こすリスクが高くなります。

女性がトリコモナスに感染しても自覚症状が出にくいので気づきにくいですが、放置して重症化すると不妊症になる恐ろしい病気です。女性が外陰部のかゆみやカッテージチーズのようなおりものが出た場合には、トリコモナス症を疑って適切な治療を受けることが大切です。

トリコモナスの治療方法ですが、男女ともに抗菌薬を服用する方法が一般的です。抗菌薬(メトロニダゾールかチニダゾール)を飲めば、95%の患者は完治します。フラジール(250m錠)はメトロニダゾールを有効成分とする治療薬(飲み薬)で、1回1錠を1日あたり2回服用します。治療期間は10日間で、症状が改善されても最後まで薬を飲みきる必要があります。妊娠中の女性はフラジール錠を飲むことができないので、坐薬(膣錠)が投与されます。

トリコモナスは完治した後も再感染して症状が再発する恐れがあり、再発した場合は再び薬を服用する必要があります。フラジール錠は日本国内では医療用医薬品に指定されているので医師の処方箋がないと入手できませんが、海外から個人輸入すれば病院に行かなくても購入することができます。フラジール錠はトリコモナス原虫だけでなく、ピロリ菌やアメーバ赤痢の治療にも用いられます。

関連記事
HIVとエイズの違いについて理解を深めよう! 2020年04月24日

エイズ(後天性免疫不全症候群)は1980年代に確認された比較的新しい性病で、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染すると発病します。ウイルスに感染してもすぐにエイズ特有の自覚症状が出る訳ではなく、数年~20年間にわたる長い潜伏期間を経てから発病します。HIVに感染すると血液中の免疫細胞に寄生して増殖を...

令和の現代でも梅毒に感染する可能性がある!治療薬は何? 2020年03月17日

梅毒は中世から世界中の多くの地域で、性行為によって伝染する病気として人々に恐れられてきました。20世紀の半ばにペニシリンが発売される以前には梅毒を完治させることができなかったため、文字通り不治の病でした。ペニシリン系抗生物質は梅毒トレポネーマに対して高い抗菌効果を発揮するため、現在は完治させることが...

淋菌が原因の淋病に感染した場合の対処方法とは? 2020年02月18日

淋病はポピュラーな性病で、クラミジア感染症と並んで感染者数が多い感染症のひとつです。淋病の主な感染経路は性行為で、3~9日程度の潜伏期間を経た後に炎症を発症します。男性であれば尿道炎を起こして排尿痛・尿道の腫れ・分泌物(膿)などが発現し、女性は子宮頸管炎を発症して不正出血などの症状が出ます。男性の場...

性器ヘルペスは男性と女性で症状が違う?治し方は? 2020年01月23日

性器ヘルペスは性行為によって感染する死病のひとつで、発症すると性器や周辺にチクチクした痛みをともなう水ぶくれや赤い発疹が特徴です。水ぶくれや発疹は放置しても1~3週間程度で自然に治癒しますが、初めて発症する場合はリンパ節が腫れたり、発熱の症状が出ることがあります。治癒した後も病原体は体内に残存し続け...

膣カンジダは痛みと痒みを伴う場合も!早期治療を! 2019年12月29日

大手製薬メーカーが調査した結果、女性の4人に3人は一生の間に少なくとも1回は膣カンジダ症を発症することが明らかになりました。これは女性器のデリケートゾーンや膣の内部で起こる炎症で、痒みや灼熱感などの症状が出ます。痒み以外にも悪臭が強いおりものが出る場合もあり、治癒するまでは不快な症状に悩まされます。...